肌まで溶かす!?除毛剤の恐ろしさ!

むだ毛処理、何を使う?

むだ毛の処理を自分でやる場合、何を使いますか?市販の除毛剤は、毛を処理したいところに塗って一定時間おいて洗い流すだけと、とても簡単そうに見えます。カミソリでうっかり肌に傷をつけてしまったり、といった失敗もしなくて済みそうです。価格もお手頃なので、サロンに通うお金や時間がなくても、家で手軽に処理出来ます。
除毛剤は普通、クリーム状になっていて、塗ると毛が抜けるのではなく、溶かして除去します。したがって、「脱毛」ではなく「除毛」なのです。毛穴に入り込むので剃ったあとのようにチクチクしませんし、肌に残っている毛も目立ちませんから、魅力的な方法に感じられます。
しかし、毛が溶けるようなものを肌に塗って、本当に大丈夫なのでしょうか?

除毛剤はこんなトラブルが!

除毛剤には、チオグリコール酸カルシウムという成分が含まれていて、これが毛のタンパク質を溶かして除去するという仕組みになっています。
しかし、考えてみてください。肌や爪もタンパク質で出来ています。このため、肌や爪も溶かしてしまうのです。
必ず肌荒れを起こすというわけではありませんが、塗ってみて刺激を感じたら、すぐに洗い流しましょう。特に、粘膜周辺など、肌の弱い部位に使用することは避け、体調のよくない時や生理中など、肌が敏感になっている時は使ってはいけません。爪に付着した場合は表面が荒れることもあります。
普段から肌が弱く、化粧品にかぶれたことがあるような人は、使用を避けたほうが賢明かもしれません。使う時は時間を守り、しっかり洗って肌にクリームが残らないようにしましょう。

銀座で脱毛をしたい時には、脱毛方法にこだわりがある店舗でカウンセリングを受けることで、気になる部位のムダ毛をまとめて処理できます。

© Copyright Hair Loss Prevention . All Rights Reserved.